日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

私が生業にしているSEOとは何で、なぜ必要か

      B!     

どうも、小学生の頃、サンタさんにスーファミの「かまいたちの夜」を貰った私です。
聖なる夜に、ゲレンデで殺人が起こるノベルティゲームを欲しいとも言ってないのに持ってきたサンタに、翌朝抗議したのを覚えてます。

seo
さて、そんな私ですが、現在SEO(えすいーおー)というIT系のお仕事に携わらせて頂いております。

IT系だなんて、幼少期、紙飛行機大会でガチガチに組んだ紙飛行機を力技で体育館の端から端にぶっ飛ばして「ガツーン!」って壁にぶつけたあの頃にはまったく予想できない業種です。

で、SEOってなんじゃ?セオ?

シンプルに説明しますと、SEOとは、サーチエンジンオプティマイゼーションの略でしてね、まあ、日本語にすると「検索エンジン最適化」ってやつですよ。
日本語になりきってないのはご愛嬌☆

そんでもって、「検索エンジン最適化」ってのはどういうこったい?って言いますとですね、皆さんもYahoooooGooooogleで検索することがあると思うんですー。
そん時、当たり前ですが、検索して一番最初に表示される一番上のサイトが一番多く視野に入ってきますわな。
kekka
視野に入ってくるってことはつまり、一番アクセスされるサイトってことになるんですな。
その感じで、2位に表示されてるサイトは2番目に多くアクセスされ、3位のサイトは3番目に多くアクセスされる傾向にあります。

実際、「世界へボカンブログ」ってサイトの記事では以下の図のようなクリック数の割合になると言ってます。
click
引用元:http://www.s-bokan.com/blog/seo/access-analysis/difference-access-count-ranking.html
おわかりでしょうか?この割合。
ここまで差が開くもんなんですね。

正直、ここまで差が開くかどうかはキーワードによるとは思うのですが、確実にいえることは10位以内に入るかどうかでアクセス数は全然違うってことです。
次へページへの腰の重さたるや、ひどいもんです。

ましてや40位より後に表示されてるサイトを見る人なんて2割もいないんだとか。
(アダルトとかニッチなキーワードで検索した人は深い階層まで見る人が多いんですがw)

なので、ネットショッピングサイトを運営している会社さんは必死になって、この「上位」を狙ってるんですね。
下のほうの順位にいるサイトさんでは、儲けがほんと、何倍も違ってくるらしいですからねえ。

上位を狙っているのはショップさんだけじゃない

WEBショップ運営者さんだけでなくって、ネットの広告や宣伝で儲けてるアフィリエイターや、自分自身を売り込みたいアーティスト等も上位を狙っているわけです。
もうね、そりゃそうなんですよ。
HPさえ完成していれば、自分が直接足や口を動かさなくても営業活動をしてくれるわけですからねー。
「これからはネットの時代」って2000年以降ずっとみんなが言ってる代表的な理由ですね。

で、私のやってる仕事ってのは、今はYahooもGoogleと同じアルゴリズムを使って検索結果を吐き出しているのですが、このアルゴリズムに合ったサイトにしてもらうお仕事?まあ、そんなとこをやっているんです。
間違えると検索結果に表示されなかったり、順位がまったく上がらないってことがありますけんねえ。

実際対応したケース

個人的な依頼だったのですが、先日、とあるソーシャルゲームアプリ製作会社の社長からこんな電話を頂きました。

「シブヤ君、あと5日で検索順位1位にして欲しいサイトがあるんだけど・・・」

正直驚きましたねー、まず5日で1位狙うって普通の案件だったら、まず不可能に近いんですね。
まあ、よくよく聞いてみたら、すごくニッチなキーワード(ロングテールワードと言う)だったのでなんとかなるかなーと思ったんですね。
で、今何位にいるんですか?そのサイトは。と聞くと、更に驚きの答えが。

「圏外なんだよねー」

WOOO!!圏外って、つまり100位にも入ってない状態ですよ。
こりゃもう諦めた方がいいんじゃなーい!?と一瞬思ったのですが、このロングテールワードで100位にも入らないって何かおかしくなーい?って思ったんですね。
で、結局のところ、サイト見てみないと分からないんで、電話の後でURL送ってもろて後日伺いますーってな話になったんですね。
そしたら

「5日後には某アイドルが記者会見で、検索キーワード言ってもらうから!TVのCMでも検索キーワード言うから!よろしくねー!」

つってねー☆
あーもーこれ相当危ないブリッジ渡っちゃった感じだなと思いましたよ。
国民的アイドルすぎて名前も出せませんよ。

で、後日こちらの会社に伺ったところ、まあ思いのほか社長さんも青ざめた顔してたので文句も言わずに原因をつきとめましたよ。

まあ、ほんとにシンプルかつ、意味のわからないことをしてました。
robots.txtというファイルで、Googleに「うちのサイト見ないでね!F○ck!」という命令を出してたんですね。
もう一度言いますが、意味わからないことです。

ただ、ほんと、うちの会社に依頼してくるクライアント様もこういった意味のわからないことをいっぱいやっているものなんです。
さすがにrobots.txtではじいたりするのは無いですがねw

で、どうにか再度Googleさんにサイトを見に来てもらう(クロールと言う)よう処理をして、無事サイトをインデックスしてもらうことに成功しました。
(インデックスされることで、初めて順位付けしてもらう準備が整った状態)

記者会見の前日、やれやれと言った感じで3位にまで上昇。
そして、3位に入った影響もあってか、その某アイドルファンがアプリのランディングページ(紹介ページ)にリンクを当ててくれ、なんとかかんとか当日には1位に入れ込むことに成功しましたーーーパチパチ。

ハゲるかと思いましたよ。
まあ、社長のほうも相当青ざめてブルーマンみたいになってましたけどね。
blueman
やり遂げた我々はこんな感じに見えていたはず。

SEOはちゃんとした知識を持って取り組もう

まあ、上の件のように、はっきり言って素人さんが作るサイトは穴だらけでございますー。
素人と言ってもアプリ製作会社が作らせたWEBサイトなので、リテラシーが低い人が作ったわけじゃないんですよー。

うん、素人さんだけじゃありませんぜ。
そこそこ優秀なWEBデザイナーさんが作るページも実際穴ぼこだらけで、こりゃ完全にスパムサイト扱いでGoogleにペナルティもらうやつだわー!ってサイトもあります。
っていうか、SEO業者ですらぶっ飛んだことを言う業者が多いのも事実です。
儲かる業種なので詐欺まがいの口だけの業者が沸いて出てくるんですねー。

あー、それと、WEBデザインが美しいサイトが、お客様(ユーザー)にとって良いサイトかどうかってのも考えないといけないので、ほんと、運営者様は大変だなーと思いますおさん。

まあ、とりあえず今日のとこはここまでにして、後日SEOの順位を上げるにはどうしたらいいか、あと、サイトのデザイン等についても書いていこうと思います。

今断言できるのは、「コンテンツイズキングの時代」と言われているが、キングというのは言いすぎだぴょん♪ってことですね。
まあまあ、後日後日。

 

この記事を書いたひと

シブヤタクト
シブヤタクト
日常ぴよぴよの運営者です。
都内の会社でSEO担当しながら、イラストレーターや書道家やったりサイトを作ったりしてます。
Twitter:@pochimin02
ぴよたそという無料イラスト素材サイトも運営してます。