日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

ウニ専門店でウニ丼食べてきた

      B!     

ぼくは魚介類が好きで、その中でもウニがエビくらい好きです。
普段からこれでもかってくらいSNSで「ウニウニ」言って、ウニを見ればシブヤタクトを思い出すようブランディングを行っております。

うにうに

Tact Shibuyaさん(@tactshibuya)が投稿した写真 –

ウニがトロに巻かれたやつが無かったので、トロがウニに溺れたやつを学生時代の友人たちと食べました。美味しく美しく調理された食べ物は口のなかを幸せにしてくれます。

Posted by シブヤ タクト on 2015年9月3日

しかし、これまでぼくはウニ丼ってやつを食べたことがありませんでした、ので、先日「うに虎喰」というウニ専門店にウニ丼を食べに行ってきました。

最初は麹町にある「ほっ」というお店の「理想の雲丹丼」というものを食べようと集まったのですが、

ほっ

人がいる気配が1ミリもしないくらいに閉まってたんですよねー。

ちゃんと調べて行ったんですけどねー?
ぼくが誰かと予定合わせてご飯食べに行こうとすると何かしらの突然の理由で対象のお店に入れないことが多いんですよ。

それでも諦めきれずにウニ丼を食べようと、今度は築地にある「鮨國」の「こぼれウニ丼」を食べに行きました。

がーーー、

ランチ貸切営業

はいはいはいはい~。
もうね、なんとなくわかってましたよ。
しかしまあ、「ランチ貸切営業」とは本当に運がない。ウニはあるのに運がない。

そんなわけで結局最初に言った、ウニ専門店「うに虎喰」に行くことになり、なんとか無事に入ることが出来ました。

ぼくが頼んだのは、国産3種、海外産2種の計5種のウニさんがライドオンした「彩(さい)」というシャレた名前のウニ丼にしました。
この日は、

本日のうに産地

アメリカ、カナダ、ロシア、北海道、北海道(あぶったやつ)の5種でした。

5種類のウニ丼

で、一緒に行った2人は、「元祖海鮮ひつまぶし」(めっちゃキラキラしてる)と、

ひつまぶし

なんか「3種類乗ったウニ丼」でした。

3種類のウニ丼

あ、それとウニの入った卵焼きとお吸い物も頼みました。

ウニ入りの卵焼き

味はというと、普段は口数も語彙力もない吉村ほぴこ氏がウニ丼を食べて
「ディウニーランド!全身ウニ!脳味噌ウニ!しあわせ〜〜夢の国〜〜!」
「口の中でエレクトリカルパレードが始まった!!」

などと彦摩呂かってことを言って大興奮してました。つまりは美味しいってことみたいです。

個人的には、美味しいには美味しかったのですが、最上級のウニ食った感覚じゃないなーウニの可能性はこんなもんじゃないなーと思いました。
美味しいには美味しかったんですけどねー、鮮度が良いという感じがせず、ウニ独特の風味も弱いなーという感じです。

ちなみに、最近食べたウニで美味しいと思ったのは、石神井公園にある「sushi dining 清水」のミニウニ丼か

ミニウニ丼

中野のマグロマートで食べたマグロのトロとウニとイクラを和えたやつです。

トロとイクラとウニを和えたやつ

マグロのトロとウニとイクラを和えたやつに関しては「一口ごとに口の中で美味しさのビッグバンが起こるんじゃ~」などと言いながら涙が出てましたからね。
また食べたい。

ウニ食べに行きましょう。

この記事を書いたひと

シブヤタクト
シブヤタクト
日常ぴよぴよの運営者です。
都内の会社でSEO担当しながら、イラストレーターや書道家やったりサイトを作ったりしてます。
Twitter:@pochimin02
ぴよたそという無料イラスト素材サイトも運営してます。