日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

宝くじを当てる方法

      B!     

money
年末ですね、師走ですねー。
皆さんはアレですか?年末の夢、ドリームジャンボ宝くじは買われましたか?
少々釣り気味なタイトルに見えてしまうでしょうが、至って私は真面目にこの「宝くじを当てる方法」について説明しますよ。

何か不可思議な宗教を匂わせるようなことを言ったり、脳のネジが緩んでんじゃないかって発言もあるかも知れませんが、私は至って冷静どすえ。

それでは、ゴクリとツバを飲み込み、覚悟してお読みください。

一言で表現するとですね、超能力を使います。
ここにすでに煮込んでおいた超能力がございます。とでも言わんばかりのトンデモ発言が飛び出ましたね。
でも、宝くじ当てるなんて超能力以外ないんですってばー。

では、もう少し噛み砕いて説明します。

皆さんは、以下の映像の中で、何も理解してないであろう老婆たちの前でノリノリに話すジジイが何をやっているかおわかりであろうか。

そうです。ダウジングです。
dowsing

ちょっと待って!いまもうここで読むのやめちゃう空気を書きながらにして感じてますよー。
私でさえ今のところイカレポンチなこと言ってるって自覚があるので、あと3分待ってくださいませ。

で、まあダウジングってなんじゃら?そんなんで宝くじ当たるんかいな?とお思いでしょう?

まず、ダウジングとは、二つの棒を持って自分の心を無にして歩くと人間の深層心理?潜在意識?が反応して、自分にとって都合のよいもの(お宝とか水脈とかだったりする)を見つけ出すって技法です。

dowsing2
なんか、昨今は二本の棒でやる、上で挙げた動画のジジイみたいなのではなく、こういう、先っちょにクリスタルをぶら下げた、「いかにも」効果ありますよーって雰囲気の代物でダウジングをするらしいです。

で、これ、ほんとにナンバーズとかの宝くじとかに利用するらしいですよー、びつくりぎゃうてーん!

うーん、まずパワーストーンって自分に合ったものを、それこそ潜在意識を利用した選び方で選定するものなんだって聞いたので、こういうアイテムは糸を通した五円玉と同価値だと思うのですが・・・。

ああ、話が反れそうなので戻しますが、うーん、なんと言いますか、私が推奨する方法ってのは頭の中にダウジングシステムを持つって方法なんですよねー。
ねー。じゃねえよ!って言う声が聞こえてくるようですねー。

よし、もっと噛み砕いて説明しちゃいましょう!
皆さんは一度くらい、ジャンケンで手を出す前に「あっ勝てる!」と思って実際に勝ったことがあると思います。
一度くらい、神経衰弱でスルスルと当てちゃうことがあると思います。

その時、おそらく体に力みは無く、余計な思考に頭は支配されてなかったとー思うんです。
おっ、なんか私、占い師っぽいぞー。

えーと、その感覚です。
ようは、その「ええ予感がする!」って感覚を判別できるようになったら勝ち組です。
ちなみにこれ、宝くじだろうと、なんだろうと発動すれば使えます。

最近あまり聞かれなくなった「右脳教育」もこの原理と近しいところにいると私は思っております。
まあ、右脳でよく言われるのは速読とかそういうのですけど、あれはもっと些細な情報から先に起こることを無意識に感じる能力も含まれているはず。
で、ちなみに右脳とか左脳ってのは都市伝説だってこともついでに知らない方は覚えておきまひょー。
「右脳派」「左脳派」は都市伝説だった! 人に“利き脳”はない:研究結果

まあ、どこで考えるにせよ、感覚的脳力は鍛えられるってことは確かでしょう。

ああ、そうか、ほんとにこの方法で宝くじは当たるん?って話ですよね。
私はスクラッチ売り場の前を通りがかって「あー当たるわー、これ当たるやつだわー」と思って買って当選確率5割以上です。
って言っても、5000円とか2000円とかのはした金なんですけどね。

なぜか大体疲れて、何も考えないようにしてるときに当ててます。
以前も、友達と一緒に歩いてて、「あっ」と思ったので「スクラッチ買おうや」って言って二人で購入したところ、二人とも2000円当てましたよ。(勝った枚数は1枚ね)
宝くじ売り場のおばさんは当てると自分のことのように喜んでくれるので好きです。

私の場合ですが、その予感の時は胸の真ん中?鎖骨の真ん中?になんともいえない感覚が走るときです。
これ、食後なんて類似した現象だらけなんですがね。

あー、あと、当時付き合っていた彼女とメールをしていて、「あやって子と遊んでくるー!」って言われましてね。
なぜかこのタイミングで発動して、彼女にメールで「あやって子の苗字って後藤?」って意味のわからんメールを送りましたのね。
まあ、皆様お気づきの通り、これがなんでか大正解でしてねー。
我ながら教祖と呼ばれる日は近いぞ、と思い続けてあれから早5年たちましたね。

あーあと、福引?ガラガラで1等とか2等とかも当たったこともありますわ。
ただ単に引きが強いだけかも?(笑)

まあ、宝くじを当てる方法とやらをまとめますとね、こんな感じ。
・頭からっぽにして余計なこと考えない
・予感を感じて、その通りになったらその時の感覚を覚えておく

あ、たった二つか。
どうでしょう?簡単そうでしょう?
ジャンケンとか神経衰弱とかで予感を感じたことがある方は、一度直感を信じて宝くじを買ってみたりしてはどうでしょう?
私もスクラッチ以外の大きい額を当てたいデース。

でも、結果がすぐわかるやつじゃないと「感覚」の整理が出来ないので、やはりスクラッチがおススメです。
あー気が狂ったような内容の、私不思議ちゃんですよ記事で申し訳ない。
これでも現実派すぎると言われる性質なんですけどね、まあそんなことどうでもいいか。

信じるか信じないかはあなた次第ってやつですよ。

 

この記事を書いたひと

シブヤタクト
シブヤタクト
日常ぴよぴよの運営者です。
都内の会社でSEO担当しながら、イラストレーターや書道家やったりサイトを作ったりしてます。
Twitter:@pochimin02
ぴよたそという無料イラスト素材サイトも運営してます。