日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

トロントの裁判所から証人として出頭命令がきた友人の話

      B!     

どうも、幼稚園のころ将来の夢を聞かれてフライパンと答えたぼくです。

先日、世界中飛び回りすぎて一体いまどこの国にいるのか定かじゃない友人がFacebookに興味深い記事を投稿しておりました。
許可を貰ったので転載します。


出頭しろとの書類

警察からとんでもないものが届いた。
証人として裁判所への出頭命令。??? 笑

説明しよう!
えートロントに来てそうそう私は車にひかれました。
でもひいた相手は何の賠償もしてくれず終了。
まぁ自分で保険入って何とか病院は行けたし、悪いやつには悪いことが起きるっしょ!
何よりやつらのことを考えながらイライラした時間を過ごすのが嫌!
ってことで裁判とか起こさずにほったらかしてました。

そんで腕の骨折ももう治って平和に生きてた頃、これが届いたのです。
何で裁判起こしてないのに!?って思ったけど、恐らく、ひいた相手は警察への罰金も無視しているようで、警察が裁判を起こしてる模様。
そして相手が悪いということを証明する為に証人として召喚された、、。
ちーん。
日本でも裁判所なんて行ったことないのに!

しかも民事裁判ならまだしも刑事裁判!
拒否したり無視したら2000ドル(約20万)以下の罰金か30日以下の懲役または両方。
ちーん。

いろいろあって帰れなくなっちゃったけど、この時期友達の結婚式で日本に帰ろうとしちょったけん危うく知らずに犯罪者になるとこでした。笑
でも英語もろくに喋れない私が何をどう証言すればいいのか…
ま、何とかなるか!
気楽に思ってたけど結構マヂな問題らしい。

通訳をつけてもらえるか今相談してる最中で、でも用意できない可能性も高いそう、、てなわけで誰かトロントに日本語も英語も堪能な知り合いの方いませんか?
裁判は18日の朝でもう時間もあんまなくて焦ってます、、

食欲しかない私が珍しく食欲を失ってます、でも食べてるけど笑
まじげっそりしそう、
あぁぁ…みんな、オラに元気をわけてくれ!


ね?興味深いでしょう?
なかなか海外の裁判所に証人として出頭しろって通知来た友人なんて身の回りにいないでしょう?
ふかふかの帽子に目玉をくっつけて歩くちょっと不思議な感じの女の子なんですけど、本当に目が離せない子なんです。

Facebookのコメント欄でも3分の1くらいが心配してるくらいで、ほとんど皆が「いい経験してるな!面白い!」ってなコメントをしてる(笑)

で、コメント欄に本人から以下のような報告


皆様!!!!!
今日警察から連絡来て、通訳を用意出来そうだとのこと!!!!
良かったーーーー;;
シェアしてくれたり周りを当たってくれたり、サービス教えてくれたりして本当にありがとうございます;;
何とかなりそうです!!! でもこっちは日本と違って確実にってことはあんまないので、当日裁判所行って、ごめん用意出来なかったってならないことだけを祈ります!笑

皆様ほんとにほんとにありがとう!
取り急ぎ報告でした!!!


ぼくは通訳用意できるのは当たり前だろーと思ってたんですが、海外でそういう認識って甘いんでしょうかね?
このままこの子が何もせずに呆けてたら裁判ってどうなってたんでしょうか(笑)

そして1週間後、裁判の結果を告げる投稿がアップされました。


裁判所

裁判の報告! 長いです!
報告が遅くなりました!心配してくれてた方々、すみません><
結果から言うと、よくわかりませんでした。

何か同じようなケースの事件が何件も同じ部屋に呼び出されてて、順番に裁判やってくって感じ、、。
なので順番待ってる間、傍聴席で他の人の裁判見ながら待つんやけど、
裁判の進行役みたいな人が進行してて、
被告人(犯罪者)なのか証人なのかわからないけど台に立たされて、名前言って何か聞かれて「Yes.」で終了。

え、終わり!?

てな感じで1分もかからず次々と裁判終了。
しかも一人の警察が担当している事件が4件もあるのに証人が誰も来てないらしく、それを知らなかった進行役が裁判長に注意されて、「一旦私は出て行くからきちんと把握しなさい。」と言って出て行く始末。

おいおいこれ本当に大丈夫か?ていうか部屋間違えてる? と思って進行役に尋ねたら、
「君は順番最後で、しかも通訳がまだ来てないから来てからだよ。」とのこと。
ほんとかよ?と思いつつ、ちょっと安心して再び始まった裁判を傍聴。

他にもベンガル語の通訳が必要な人がいたのに、通訳は現れず、結局その人だけ台に立たされ、同じように名前とYes.だけ。笑
やばい、自分もそうだったらどうしようと思いながら待っていたら、自分の事件のことについて進行役が読み始めて、振り返って私を見て

「Thank you.」

もう意味がわからんなくてね、笑
私がキョトンとしてると

「Have a good day!」

裁判終了。

そして担当の警察も帰る準備。
えーーー!
轢いた相手も通訳も現れなかったし、私も警察も1言も喋ってないし、というか台にすら立ってないし、私は一体何をしに行ったのだろう。
そう。傍聴しただけ。笑
誰かを連れて行かなくて良かった、申し訳ない気持ちでいっぱいになるとこやった…


すげえな!
「Have a good day!」って裁判所で聞くことになるとは1ミリも考えてねえよ、普通。
これで人生が変わる人がいるのかと思うともうなんか、アレですよねー!
安易というかなんというかーー。

とにかく海外の裁判事情の一端を知ることが出来て面白かったです。

そんな友人こと、ぱぴは見た目も文章も個性的ですが写真も面白いんです。
一部借りてきました。

しょんべん少女

無数の十字架

ふんっ

いつか本でも出して欲しいと思いますー。
っていうか出させます。

この記事を書いたひと

シブヤタクト
シブヤタクト
日常ぴよぴよの運営者です。
都内の会社でSEO担当しながら、イラストレーターや書道家やったりサイトを作ったりしてます。
Twitter:@pochimin02
ぴよたそという無料イラスト素材サイトも運営してます。