日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

岡山のラーメンってどんなの?ってよく聞かれるのでザックリ紹介する

      B!     

ぼくは岡山県出身で、結構な頻度でラーメンを食べているラーメン好きなので、そのへんの事情を知ってる人に「岡山のラーメンってどんな感じの味なの?」ってよく聞かれます。

でも、お隣の広島には醤油ベースの「尾道ラーメン」があり、南の徳島に行けばラーメンに乗った生卵と豚バラ肉と白いご飯がついてくるのが標準の「徳島ラーメン」があり、また、最近では近くの小豆島(しょうどしま)って島の「小豆島ラーメン」なんてものもあるのに、岡山のラーメンの定義って聞いたことがないんですよねー。

まぁー、美味しいものが多い広島や関西、四国に近い岡山県には、尾道ラーメンも、徳島ラーメンも、小豆島ラーメンも、博多っぽいとんこつラーメンもあるんで、別に岡山っぽさみたいのはマストで必要かっていうと、そうでもないとも思うんですけどね。

そんな岡山のラーメンですが、一応傾向としてこんな感じの醤油とんこつベースのスープが多い気がします。

梶屋のチャーハンセット

この写真は岡山県でもよくメディアに取り上げられる「梶屋」というえび丼が有名なお店のラーメンなんですけど、こういう感じの徳島ラーメンの「白系」に近い、ややこってり系のラーメンが多い気がします。
もちろん、岡山で薄味でやっているお店も多いんですけど、傾向として多い感じですね。

Google検索で、「岡山 ラーメン」で検索しても大体同じようなスープの色が出てきますし。

岡山 ラーメン

あと、このこってりっぽいラーメンに「トンカツ」や「唐揚げ」をトッピングとして乗せられるお店が岡山のラーメン屋さんには多いです。
先ほど紹介した梶屋でも、トンカツ中華そばや鶏唐揚げ中華そばがメニューとして置いてあります。

梶屋メニュー

このように、こってり系にこってりしたものを乗せることから、徳島ラーメンのように白いご飯を別で頼む人も多い気がします。
少なくともぼくの周りでは、白いご飯を一緒に頼む人は多かったです。

唐揚げやトンカツじゃなくても、チャーシューにこだわってるお店も多い気がします。
そのためか、岡山のラーメンは食べ終わって数分でスープに膜が張るものが多いですね。
俗にいう「ラムスデン現象」というもので、岡山のラーメン独自のものではなく、濃厚豚骨ラーメンではよく見られる現象です。
しかし、岡山のラーメンはこの現象が出るのが心なしか早い気がするんですよねー。

まとめ(おすすめ紹介)

まあ、少なくともぼくが知ってる岡山のラーメンはこんな感じです。
こってり豚骨醤油系が好きな方は相性が良いラーメンなんじゃないですかね~。

ちなみに、岡山市内で岡山っぽいラーメンを食べるなら「ぼっけゑラーメン」(超こってり!)か、デミグラスソースのかつ丼も名物のやまとがおすすめです。

別に岡山のラーメンにこだわらないのであれば、山下商店の豚骨ラーメンか、小豆島ラーメンのHISHIOが個人的にはおすすめです。

この記事を書いたひと

シブヤタクト
シブヤタクト
日常ぴよぴよの運営者です。
都内の会社でSEO担当しながら、イラストレーターや書道家やったりサイトを作ったりしてます。
Twitter:@pochimin02
ぴよたそという無料イラスト素材サイトも運営してます。