日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

ひたすら素敵なイラストレーターmomochy(ももちー)さんとお話してきた。

      B!     

先日、とある会社で行われた、とある記念パーティーにお招きいただきまして、以前からお会いしたいと思っていたイラストレーターのmomochy(ももちー)さんとお話することができました。

今回は、そのmomochyさんの魅力についてちょこっとだけ書かせて頂きます。

まずは作品をご覧ください。

ぼくが文章で何かを語るより、絵を見て頂いたほうが早く魅力についてご理解頂けるかと思うので、ちょっとこちらをご覧ください。(ちゃんと戻ってきてね)

momochy
 icon-hand-o-right http://momochy.com/

素敵でしょ?
多分外でこういう女の子のイラストを180cmある男がキャッキャしながら「ステキ!」なんて言ってはしゃいでたら、ひどく冷たい目で見られることでしょうけど、ステキなもんはステキなんです。

絵から伝わる温度感が素敵


まあ、あんまりステキステキと言ってても仕方がないので、すこし具体的に説明しますね。
「絵に説明なんてもんはいらねーよ」って思われるかも知れませんが、ぼくが感じたことをふわっと書くだけなので許してくださいな。

まず、ぼくが最初にmomochyさんのイラストを見たときに感じたのは、「温もりがあるなー」ってことでした。
この温もりは、色合いに暖色が多く含まれていることと、人間の内っ側から自然と湧き出てるような笑顔が描かれていること、花のモチーフが多く使われていることから感じるんだろうかいなーと、ぼーと眺めてましたが、多分、ぼくが一番ぬくもりを感じてる理由はにあるんじゃないかと思い至りました。

「線」とは、この手描き感のある線のことです。
(手描きと言っても、photoshopで描かれてるらしいのですが、手描きの定義ってどこまでなんでしょう?)
ぼくは左右対称の線とか直線とかが多いイラストは単純にキレイだなーとは思うものの、さして深い魅力を感じないタイプなので、なおさらこの規則性のない線に魅力を感じるのでしょう。

少し話はそれますが、ぼくのように線に左右対称の丸とか直線とかが多いイラストよりゆるい線が好きな方は、「自然界に直線は存在しない」と言い、定規で書いたような直線を嫌いひたすら曲線にこだわった建築家「フンデルトヴァッサー」もおすすめですよ。
フンデルトヴァッサーも温度の感じる建築物を造り、絵も描きます。

ちなみに、momochyさんは「どいかや」さんという絵本作家さんがお好きらしいです。

描いてるご本人も素敵

ぼくは絵を描く人の見た目に関しちゃ、腕が4本あろうが、目が3つあろうが、どんな人が描いてても評価は変わらないんですけどね、momochyさんはご本人が描かれる絵によく似た素敵な方でした。

18歳からイラストレーターとして活動してこられて、数々のお仕事を経験されてきた方ということもあってか、言葉使いや対応も親切・丁寧。

今後もご活躍を期待してます。

この記事を書いたひと

シブヤタクト
シブヤタクト
日常ぴよぴよの運営者です。
都内の会社でSEO担当しながら、イラストレーターや書道家やったりサイトを作ったりしてます。
Twitter:@pochimin02
ぴよたそという無料イラスト素材サイトも運営してます。