日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

メタキーワード(meta keywords)はSEOに必要?不要?

      B!     

metakeywords

未だにSEO業者のセミナーやSEO関連のブログ記事でもメタキーワード(meta keywords)の数の比率や適切な入れ方など、その有効性が未だにあるものとして語られています。

しかし、以下の動画でマット・カッツ氏が語っている通り、現在Googleは一切meta keywordsタグを評価の基準とはしていません。

この動画は2009年のもので、古いものですが、現在もGoogleがサポートしているメタタグを見て頂けると分かるとおり、meta keywordsはサポートされておりません。

なぜ使用されないようになったのか

meta keywordsが使用されなくなった背景には、そのページとは関係ないキーワードを詰め込む困ったちゃんがいたからなんだそうです。
逆に言えば、そんなことで順位が上昇していた時期もあったということですね。
その時代にアフィリエイトしたかったもんです。

困ったちゃんがいようがいまいが、サイトへアクセスしてきたユーザーにの目にも見えないところを評価の基準に入れる必要があるかどうかを考えると、必要ないってことがわかりますよね。

今後サポートされる可能性はあるか

「今は見てないけど、今後いつ評価の基準として見るかわからないので入れておいて損はありませんよ!」ということをSEOのセミナーで言ってるのを聞いたのですが、2009年から今まで見ていないmeta keywordsを、再度評価基準として見るようになる可能性はめーちゃくちゃ低いと思われます。

逆に、わざわざ考えてキーワードを入れる手間、狙ってるキーワードがライバル(競合相手)に見られる、ソースコードが1行増えるなどというデメリットがあります。

ちなみに、「Google以外の他の検索エンジンでは見ている」という意見もあるようですが、YahooはGoogleのアルゴリズムとイコールですし、Bingですらも見ていないのに、どこの検索エンジンが見ているか聞いてみたいものです。

まとめ

・meta keywordsはSEOの評価基準としてみていない
・未だに重要と言っているSEO業者もいるが気にしなくて良い
・今後も評価基準としてみる可能性は低い

今のGoogleはテキストを十分に読み取れる仕組みがあるので、今後も入れないでおいて問題ないでしょう。
これからは、キーワードを考える時間よりも、タイトル付けや、ユーザーにとってどう有益な情報を提供できるかを考えてコンテンツを作成しくことに注力しましょう。

この記事を書いたひと

シブヤタクト
シブヤタクト
日常ぴよぴよの運営者です。
都内の会社でSEO担当しながら、イラストレーターや書道家やったりサイトを作ったりしてます。
Twitter:@pochimin02
ぴよたそという無料イラスト素材サイトも運営してます。