日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

頭はいいのに絵が下手すぎる兄がおります。

      B!     

どうも、幼いころ親に「ボー」としてると言われ、よく喋るようにしたら「うるさい!少しは黙れ!」と言われたぼくです。

その親というのがぼくの母は画伯と呼ぶに相応しいでご紹介した、絵の下手くそな母のことです。
手先も器用で、字もうまいのに、まるで絵が描けないんですよねー。

でもね、もう一人うちの家族にはアーティストがいるんですよ。
日本大学芸術学部を卒業したぼくの兄のことです。
彼は頭が良く、さらに上の兄が掛け算九九を口に出して覚えているのを聞いて、幼稚園に通っている時分に掛け算九九を上の兄より先に取得。
数々のスポーツの分野で歴代記録を塗り替え、通知表はABC判定で、ほぼA。
ほぼ、というのが、まあ皆様お気づきの通り美術を除いて全てがA判定だったのです。

その兄の絵というのがですね、

パンダ
コレです。

信じられないセンス!
これ、パンダですよ。パンダって目の周り黒いじゃないですか?
黒いこと忘れてんですよ!考えられないー。
筋肉マンのおでこに「肉」と書くのを忘れるようなもんですよー。

でね、先日の母が描いたキリンさんがいたでしょう?

馬?
これこれ。

模様のないキリン。
ぼくの考えでは、パンダの目の周りを塗り忘れることと同じくらいキリンの模様を描きわすれることってナイと思ってるんですがね、ええ、もちろん兄も塗り忘れてましたよ。

きりん
っていうかネッシーじゃね?
ってくらい、なんなんでしょ?このアホ面!
ツラだけじゃないですよね、なにこの遠近感無視の足。

一応言っておきますけど、これ描いたの成人してからですからね。
大人の所業がこれですよ。
なんで頭のアンテナみたいのだけ覚えてんだよ、くそう、あれがますますアホっぽさを増してるじゃねえか。

(ちなみに、この絵のTシャツ作ったらぼくの友人が買いました。アホそのものです。)

あとね、うちの母が描いた首だけのカバがいたでしょう?

カバの絵
そうそう、これこれ

ニヒルな笑みを浮かべた首ね。
でね、うちの兄が描いたライオンも案の定

ライオン
首だけ

が、正直ぼくにも、首だけを描いたのか、これ全体がナメクジみたいに動くライオンそのものなのかはよくわかりません。
はっきりぼくが言えることは、これをライオンと呼ぶには色んなものが欠けすぎてる、ってことですね。
百獣の王ですからね、アレ。

あ、でもニワトリを描いてもらったのは割りとうまく描けてたんですよ。
にわとり
ちょっとパンチパーマなだけです。

鳥類に見えるだけよかったと思いますよ。
うちの母が描いたペンギンは生物としての線も疑い深いものがありましたからね。
ペンギンだけじゃなく、イルカもね、生物という感じはしなかったですよねー。

イルカの絵
このイルカね。

あらゆるルールを無視しないとこのイルカは描けないと思うんですが、この母にしてこの子あり。
兄もなかなかのルール無視を展開いたしました。

イルカ
どこの大陸だ
と、言いたくなるような形状。
念のため言っておきますが、これはイルカの絵です。
そんで、その優しそうな表情がかえってムカつかせますよね。

ってなわけで、母の下手な絵に続いて、兄の絵も紹介させて頂きました。
ぼくでは狙ってもああいう絵は描けないので、羨ましいなーと思うんですが、ぼくはこんなじゃなくて本当によかったと思います。

この記事を書いたひと

シブヤタクト
シブヤタクト
日常ぴよぴよの運営者です。
都内の会社でSEO担当しながら、イラストレーターや書道家やったりサイトを作ったりしてます。
Twitter:@pochimin02
ぴよたそという無料イラスト素材サイトも運営してます。