日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

天然の母が死んだかと思った日

      B!     

私の母は、信じられないような変な絵を描いたり、めんぼうの綿を2週間耳に入れっぱなしにしてたことがあったりと、ちょっと変わった人です。

グロブが見えん

Blog
以前にも母から電話がかかってきて、「グロブが見えんのよ、パソコンのグロブがぁー」って言うからなんのことかな?誰かのブログかな?と思ったら、

「あっ!違う!グーグルじゃあ!あっはっはっはー!」って。

業界人でもそうは呼ばないよ。
他にもあります。

アースレッドのお店

他にも私がまだ高校生の頃、
「明日、明石海峡大橋の下にあるアースレッドのお店に行くけどタクトも行く?」
って言ってきたんですね。

え、アースレッドってこれだよね・・・。
アースレッド
と思ったので、私は全然楽しそうな気がしないので「いや、いいわ。」とお断りしたのですが、奥の部屋から父親がひょっこり顔を覗かせ、

「アウトレットな。」

と。
ああ。

まぁーーそうですよねーーー。
ゴキブリ退治するためのグッズを買いに、お隣の県の海辺まではるばる出向いたりするおばさんもおりませんわなーー。

「あっはっはー!アウトレットアウトレット!それそれ!」

と母はしつこく大爆笑。
楽しそうで何よりだわ。

ここまでが前置きで、ここからが本編です。

死んだかと思った

とまあ、こんな母親なんですがね、一回、マジで死んだかと思ったことがあって、
当時高校生の私がバイトから戻って、ご飯をテーブルで食べながら、すでに食事を終えた母と話をしつつテレビを見ていたんです。

で、母からの質問に答えて「これがこうでーこうこうでー・・・」って説明したんですが、母からの返答が無いのでテレビに向いていた視線を母のほうに向けてみると、

めっちゃぐったりして目を閉じてるんです。

しかも口からは腐った重油のようなドロッとしたものが垂れてたんです。
私は、こりゃやべえ!内臓とか脳出血のパターンか!と思って、母の意識を確認するために何度か軽いビンタをして
「母さん!母さん!」と必死に呼びかけました。
すると、

「あっ?」と、母。

あ、生き返った。
でもまだ油断はなりません。
内臓がやられすぎて痛みを感じてないだけかも知れませんからね。

とりあえず、「くっ、口からなんか血みたいなん出とるよ!」と言うと、母は口に手を当て、そのドロッとしたものを拭うと、

「あっ?ああ、これじゃわ」

と、右手に握られていたのは黒飴の袋でした。

意味がわからないと思いますので、補足説明させて頂きますと、私との会話の最中、黒飴を食べながら秒速で寝た母の口から溶け出たものを私が血液由来の何かだと勘違いしたという事です。

いやーもうねーほんと、死んだかと思ったんですって、マジで。
「あっ?」って言った時、この人、三途の川をクイックターンで帰ってきたのかと思ったんですよ。

それが黒飴?
ふざけんじゃないよ!なんで溶けんだよ!
しかも会話の途中に秒速で寝るとか、どういう神経してんだよ!

このときも母は終始ゲラゲラ笑っておりました。
まあ元気そうでよかったわ。

この話はシブヤ家でもひとつの伝説として10年経った今も語り継がれております。

どうか皆さんにお願いしたい!
黒飴を食べたまま寝るのだけは紛らわしいからおよしになってください!
これ拡散希望ね。

以上です。

 

この記事を書いたひと

シブヤタクト
シブヤタクト
日常ぴよぴよの運営者です。
都内の会社でSEO担当しながら、イラストレーターや書道家やったりサイトを作ったりしてます。
Twitter:@pochimin02
ぴよたそという無料イラスト素材サイトも運営してます。