日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

机の上が散らかっている方がクリエイティブ思考?じゃあ皆で散らかすわ

      B!     

散らかす人
先日、っていうか結構前にFacebookで友人がシェアしていたのですが、「机が散らかっている人のほうがクリエイティブになれる:米大学調査」なんですってね(*^-^*)にこにこ

これによってデスク汚い派の連中が「はい!俺クリエイティブ~!」という、「あえて散らかしていたんですけど?」感をむき出しにして、いいねボタンを500回くらい連打してるのが想像できました。

でもね、いやいや違うだろ、とね、色々思うことがあったので書きますよーーー。

そもそも、ミネソタ大学の研究結果ってどんなんだったん?

まずは、なぜ自信満々に日本のメディアサイトが「机が散らかっている方がクリエイティブ思考」と言っているのかーって言うと、以下のような研究結果があったからなんだとか。

▼以下引用(引用先は上で貼ったリンク)

米ミネソタ大学のKathleen Vohs教授によると、人は雑多な物に囲まれていた方が独創的な思考が促され、刺激を受けて斬新なアイデアが生まれるという。同教授のグループは同じ配置、備品、日当たりの部屋を2つ用意し、被験者の一方には書類などが散らかった汚いオフィスに、もう一方には整理整頓されたきれいなオフィスに別れてもらいいくつかの実験を試みた。

それぞれのオフィスで質問に答えてもらった後寄付をお願いして、退室の際にチョコレートかリンゴのどちらかを選んで持ち帰ってもらった。するときれいなオフィスに通されるた人は寄付の金額が多く、おやつにリンゴを選ぶ人が多かった。が、これに関しては汚いオフィスに通された人も大差ない行動をとったとか。

大きな違いがあらわれたのが次の実験で、「ピンポン玉の新たな使い道を考えて」と指示を出したところ、アイデアの数は双方変わりなかったが、内容の斬新さやクリエイティブな点では汚いオフィスにいた人々に軍配が上がったという。

ですって。でもこれって、

実験の趣旨と解釈が違うじゃろう?

そもそも、この実験は「机の上を散らかして仕事をし続けている人」「普段から掃除をしてキレイに使い続けて仕事をしている人」を比べているわけじゃないですよねん?

つまり、掃除をするってプロセスを挟んでいるかどうかは置いといて、「雑多な物に囲まれた環境の方がクリエイティブな発想が出来るのではないか。」という実験内容でございましょ?

アメリカのサイエンスメディアで挙げている学術論文のタイトルでも「秩序ある環境で実験をした方は健康的な思考傾向にあり、無秩序な環境では創造的である傾向に至った」になっていることからも、解釈が違うことがわかるかと思います。

もし、「机の上が散らかっている環境の方がクリエイティブ思考である」ってことを証明しようとした実験なら、最初から両者共に散らかった部屋で作業をしてもらって、片方にはデスクの掃除から入ってもらう条件でないと変ですよね。
オフィスのデスクがキレイな人は必ず掃除をしているからキレイなわけですから。

掃除をするコトがクリエイティブな思考を生む

整理した机
そしてぼくは、この「掃除をする」という行為そのものがクリエイティブな発想を生むと思っております。
体を動かし、物理的に身辺を整理することで、気分もスッキリし、アイデアが閃きます。

このあたりは個人差はあるかと思いますが、散歩をしたり、お風呂に入っている時、トイレに座った瞬間、本屋で本を探している時などなど、自分がリラックスしている時にアイデアが降りてくる経験を誰しもお持ちなのではないでしょうか。

関連記事:なぜ歩きながらだと考えがうまくまとまるのか? – GIGAZINE

まあ、そのリラックスして作業できる環境が散らかった環境だって言うんだったら、「あー左様でございますかー」としか言えませんけどね。

デスクが散らかっていることで考えうるデメリット

積まれた本
例え、ご自身が「クリエイティブな発想のためには散らかっているのがベストな環境なんだよー」と主張しても、散らかったデスクにはデメリットが多くあります。

効率性の欠如

デスクの上が散らかっていると当然「あれどこいった?これどこいった?」が発生し、作業の効率が落ち、業務に支障が出ることも考えられます。
また、最悪の場合、完全に書類等を無くしてしまう危険性もあります。

決められた場所に収納する癖などがあれば、このような事態にも陥りません。

落下などの危険

机の上に本や書類を置いて、さらにその上に飲み物や重いものを置いているのは危険です。
本だけを置いている分には滑りにくいとは思うのですが、間に書類等が挟まっている場合、地震で落下する場合があります。
落下するものが飲み物や重い物であったりした場合、近くの機器が破損する恐れがあります。

不衛生

たまに、積まれた本の影などに空き缶や食べ物が忘れ去られて出てくることがあります。
これは異臭や虫が湧いて出てくる可能性があります。

集中力を欠く

机の上が散らかっていると、ついつい机の上にあるものを手にとって遊んでみたくなります。
それでも業務のことを考えられているうちはいいのですが、完全にそっちの世界に思考が行ってしまって、何を考えていたのかも忘れてしまうことがあります。
気をつけます。

集中力がないやつ
また、自分だけが手悪さをしている分にはいいかも知れませんが、他の誰かもそれに興味を示して遊んでしまうことがあります。
そうなると業務が捗らないので気をつけましょう。

まとめ

まあ、もう言いたいことは、どっかの研究結果を鵜呑みにして自分の至らなさを正当化したりせずに、ちゃんと掃除はした方がいいですよって話ですよ。

天才の机は散らかっていた! 混沌とした環境でこそ創造性は発揮されるという記事もありますが、天才の発想はデスクで生まれてるわけじゃなくて、色んな人と触れ合ってあちこち駆け回った上で、最終的にデスクで落とし込んでるだけでしょうよ。

ぼくの部屋

こんだけ偉そうにキレイにしなさい!と言っているぼくの部屋はこうです。

現在の部屋

片付いているとこうです。

片付いているとき

すいません、片付けます。

この記事を書いたひと

シブヤタクト
シブヤタクト
日常ぴよぴよの運営者です。
都内の会社でSEO担当しながら、イラストレーターや書道家やったりサイトを作ったりしてます。
Twitter:@pochimin02
ぴよたそという無料イラスト素材サイトも運営してます。