日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

ビール好きがおすすめする、初心者向けのビアスタイル3選

      B!     

どうも、ビール好きのユッキーです。だいたいいつもビールを飲んでいます。どこかで見かけたら迷わず乾杯してくださいね!宜しくお願いします。
さっそくですが、前回の続き。

***

ビアバーに行ってもタップリスト(ビールのメニュー)がいっぱいありすぎてビールが選べないよ~とか、美味しく飲めるビールがわからないよ~っていう初心者さん向けに、ビール好きなあたしがオススメするビアスタイルを3つ紹介してみます。

オススメ① 苦くない!ホワイトビール

ヒューガルデンホワイト
私の周りにも多い「ビールは苦いから苦手」という声。主に、若い女性から言われることが多いですね。飲みなれると苦味が美味しく感じるようになるのですが、まだそこまで行きついてない初心者さんにはホワイトビールがおすすめです。

ホワイトビールというのは、ホップの苦味が抑えられていてフルーティーな香りが特徴のビール。コリアンダーやオレンジピールを入れて造られていることが多く、ビールの香りが爽やかで飲みやすく仕上がっています。外国のホワイトビールで有名なのはヒューガルデンホワイト。日本だと常陸野ネスト・ホワイトエールや梅錦ビール・ブロンシュあたりかな。

それからヴァイツェンというビアスタイルも苦みがなく、バナナのような香りがします。初めてヴァイツェンを飲んだとき、あたしはクラフトビールの美味しさに衝撃を受けました。あれから5年。あたしはこんなに立派なビール好きに成長してしまったよ… あの時のヴァイツェンがなければクラフトにどっぷりハマることはなかったでしょう。

オススメ② 女子ウケ間違い無し!フルーツビール

ハーヴェストムーンの柚子エール
もうちょっと可愛いのがいいとか、女子ウケしそうなビールを探してるっていう場合は、フルーツビールがオススメ。フルーツビールといってもグラスに盛り付けられているのではなく、ビールを造るときに一緒に仕込んでしまうので、目には見えません。が、フルーツの味・香りが残っています。

フルーツビールが美味しいクラフトビール屋さんの1つにハーヴェスト・ムーンがあります。ハーヴェスト・ムーンは、某ネズミーランドでお馴染みのオリエンタルグループのブルワリーです。さすが夢の国だけあってレギュラー商品も美味しいですが、今回はフルーツ推し。これまでハーヴェスト・ムーンの赤ぶどうやグレープフルーツ、ゆず、アプリコット、マスカット… いろいろ飲んだけどどれもイケてて美味しかったです。最近はレモンを使った限定ビールが、いろんなビアバーに出回っています。イクスピアリ内のロティズ・ハウスでハーヴェスト・ムーンのビールが飲めるので、デートの途中に立ち寄ってみるのもアリですね。

もちろんハーヴェスト・ムーン以外のブルワリーでも、フルーツビールを造っています。ビールって柑橘系との相性がいいので、オレンジ系やカボスを使ったビールはいろんなブルワリーが造っているし、アップル系もよくあります。このところ桃系も見かけるかな。あとはフランボワーズやマンゴーを使ったビールも美味しかったなぁ。沖縄のシークヮーサーを使ったビールもありますね。フルーツ系は季節限定ビールが多いので、見かけたら即オーダーで試してみてください。

フルーツ系ビールを教えてもらったら、ビールに対して苦手意識を持った女の子も好きになるんじゃないかな~と思うけど、この発想が既にオッサンかもしれません。女子=フルーツっていうのが既に時代遅れ??

オススメ③ アメリカンタイプのペールエール

鬼伝説の金鬼ペールエール
「ホワイトとかフルーツとかより、ユッキーさんの好みを教えてよ」という需要があるのかないのかわかりませんが、3つの目のオススメはあたしの大好きなペールエール。ペールエールの中にもいくつかタイプがあるけれど、今回はホップの効いたアメリカンスタイルをオススメします。

ホップは、ビールに欠かせない原料です。ホップの種類によってはマスカットやパッションフルーツ、柑橘系フルーツのような香りのビールを造る事が出来ます。ホップの魅力にハマるとあっという間にホップヘッドまっしぐら!ホップヘッド道のきっかけになりそうなビールは、ヤッホーブルーイング・よなよなエール、鬼伝説・金鬼ペールエール、伊勢角屋麦酒・ペールエールあたりかな~。有名どころのよなよなエールはコンビニでも取り扱ってるから入手しやすいかも。伊勢角はエール系が得意なブルワリーだと思うし、ビアバーによく置いてるビール屋さんです。鬼伝説の金鬼ペールエールもビアバーでよく見かけるし、ホップの香りが良くて飲み口も軽めだから何杯でも飲めちゃう!

ちなみにこの記事は、自宅で金鬼ペールエール(ボトル)を飲みながら書いてます。相変わらずウマくてヤバいです(サイトはちょっとアレだけど…ビールは間違いない!)。他にもオススメしたいペールエールは死ぬほどあるけど、ここに書いてもキリがないのであたしと一緒に飲みながら語り合いましょう\(^o^)/
 
***

ということで、今回はビール初心者やビールが苦手っていう人向けにオススメのビアスタイルに触れてみました。ご紹介した3つのスタイルは、どれも炭酸ガッツリ喉越しシュワシュワ~っていうビールではありません。どちらかというと、ガス感があまり強くなく、その分ダイレクトにビールの味が舌に伝わってくるようなものばかり。「炭酸でお腹いっぱいになっちゃうからビールは苦手!」という方にもオススメできるんじゃないかな。

今回のビールは、そこらへんのコンビニやスーパーで必ず買えるものではございません。自分で買えない美味しいクラフトビールは、ビアバーに山ほどそろっています。仕方なく夜な夜なビアバーに通ってしまう呑兵衛、それがあてくしという人間です。
終わり。

この記事を書いたひと

Yuckey
運営ブログ:毎日ビール.jp
ビール好きが高じてビールブログを運営している、沖縄在住主婦ブロガー