日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

ビールを買おう!ネット通販のススメ

      B!     

どうも、ビール好きのユッキーです。だいたいいつもビールを飲んでいます。あなたのオススメビールは何ですか?あたしのオススメはオラホのキャプテンクロウ!どこかで見かけたら飲んでみてくださいね。

さて、あてくしも沖縄生活6ヶ月目。オリオンビールは島中どこでも手に入るけれど、クラフトビール好きとしては好みのビールがなかなか売っていなくて不自由しています。そもそもクラフトビールが簡単に手に入るのって、都市圏だけ。人の数だけ需要も多いし、需要があれば取扱店も多い。しかもビアバーも数えるほどしかないわけで…

ということで、今回は日本の南の島でどうやってクラフトビールを入手しているかをご紹介します。これ北海道でも使えるし、近所にクラフトビール置いてない地域の皆さんも使えるんじゃないかな!

入手方法1 ネット通販・Amazon

Amazonの地ビール画面
ネット通販なら、日本全国どこに住んでても欲しい物が手に入ります。もちろんビールだって、ネットで購入できます。が、私の住んでいる沖縄ってネット通販の送料がバカ高いんです。下手すると商品代金より送料が高いことも…

そんな時に助かるのがAmazonのプライム会員!年会費は3900円かかるけれど、毎週のようにAmazonを活用している我が家としては、完全にペイできていると思います。プライム会員に入会してトクしたな~と思うのはこんなところ。
 ①対象商品は送料無料
 ②沖縄では入手できないビールを購入もできる

もちろんAmazonでは入手できないビールもあるので100%完璧とは言えないけれど、なんだかんだでAmazon様には一番お世話になってるんじゃないかなぁ。
ちなみに昨日(10月29日)現在の地ビールラインナップは、国産735商品、輸入地ビール170商品。輸入系がちょっと弱いかな。

入手方法2 ネット通販・カクヤス

カクヤスのe-LOVE(えらぶ)ビール画面
Amazonの弱点・外国産の輸入ビールは、カクヤスのネット通販で購入することができます。もちろん我が家も利用させてもらっています。今日の段階だと日本を含めて24カ国、40メーカー近い銘柄を取り扱っていますね。あたしの好きなホッピーなビールも取り扱ってくれてます。

カクヤスの通販は、産地国やビアスタイル別でビールを探せたり、わかりやすいタイプ別チャートもあるので、なにかと選びやすいと思います。

カクヤスのタイプ別チャート

カクヤスは基本的に送料がかかりますが、2500円以上注文すると通販送料が無料になります。クラフトビールを10本くらい買えば2500円なんてすぐ超えちゃうし、あと100円足りないって時は、ビール以外のお茶とかおつまみを1点追加すればクリアするので、カクヤスで送料がついたことはないですね。

カクヤスのメリットはこんな感じ。
 ①2500円以上購入で送料無料
 ②選べるクラフトビールの幅が広い

入手方法3 ブルワリーやインポーターにオーダーする

アンテナアメリカの画面
それでも入手できないビールや、季節限定ビールは、インポーターだったりブルワリーへ直接オーダーします。ネットに力を入れているインポーターやブルワリーも多く、彼らが限定ビールの情報を配信したら即申込み、到着を待ちます。

ブルワリーやインポーターにオーダーするメリットはこんな感じ。
 ①クール便指定で発送してくれる
 ②できたてだったり、状態の良いビールが手元に届く
 ③限定ビールが手に入る

Amazonやカクヤスは保存状態もわからないし、製造日からどのくらい経過してるかわかりません。ブルワリーやインポーターは、ビールの管理をしっかりしているハズですし、ビールが劣化しないようクール便で送ってくれるケースが多いです。まぁ、でもその分輸送コストも多めに負担する必要もありますが… 美味しいビールを飲むための必要経費と割り切っています。
 
***

ということで、今回はネット通販でビールをゲットするお話でした。
東京近郊に住んでいた時には「ネット通販?はぁ?そんな必要ナイナイ!いつでも買いに行けるじゃん!」って思っていたあてくし。今となっては真逆の「ネット通販サイコー!」という考えになってしまいました。

ネット通販って24時間購入可能だし、受け取りも自分の都合に合わせられるし、重たい荷物を持って買えることもしなくていいから超便利ですよね。ただ、便利だからといって頼りすぎると1週間でこんなに段ボールが溜まるというデメリットも…

ネット通販の段ボール

ということで、段ボールをまとめて資源ゴミに出すのが週課(?)です。

ちなみに沖縄に来てから、誰かが代表して購入したビールを仲間でシェアして分けることが多いです。限定ビールは飲みたいけれど、12本単位だったり24本単位だとさすがに冷蔵庫に入らないし、コストもバカになりません。だから効率よくみんなでシェアします。そんなビール好き同士の距離感も沖縄ならではなのかもね~。いい土地に移住できて幸せだー。
終わり。

この記事を書いたひと

Yuckey
運営ブログ:毎日ビール.jp
ビール好きが高じてビールブログを運営している、沖縄在住主婦ブロガー