日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

ついに上陸ブルーボトルコーヒー

      B!     

ブルーボトルコーヒー

以前から話題になっていたブルーボトルコーヒーがついに東京清澄白河にオープンしました。
オープン初日の2/6には開店前から100人以上の人が並んだそうです。
列の先頭の人はなんと朝3時から並んだと言っていました。この寒いのに!
それくらい注目度が高いブルーボトルコーヒーですが、普通のカフェと何が違うのか気になっている人もいると思います。
それを少しご紹介したいと思います!

なんといっても丁寧なドリップ

コーヒーイメージ
※画像はイメージです。

ブルーボトルコーヒーと他のカフェチェーンの一番の違いは、なんといってもコーヒーに対するこだわりです。
アメリカやヨーロッパのカフェは機械でコーヒーをいれることが一般的ですが、ブルーボトルではスタッフが一杯一杯手でいれます。
スタッフはもちろん厳しい訓練を受けた人ばかり。
実際清澄白河の店舗でも、オープン前に、世界一のバリスタによる研修がおこなわれていました。
また、コーヒー豆も世界中の産地から有機栽培されたものを使用しています。
店内には焙煎場を隣接し、焙煎後48時間以内の豆のみをお客様に提供しています。
カッピングとよばれる豆の香りや味のチェックは、創業者のブライアン氏も参加するそうです。
基準に満たないものはださないというこだわりようです。
一押しメニューはシングルオリジンという、一種類の豆のみをつかったドリップコーヒーです。
清澄白河の店舗では1杯550円で飲むことができます。

このように、とにかくこだわりがつよくておいしいコーヒーなのです。

コーヒーと一緒に売られているお菓子も店内で手作りです。
メニューはアメリカと同じですが、地産地消にこだわり、材料は日本のものが使われているそうです。

ブルーボトルコーヒーができたきっかけは日本

創業者のブライアン・ミーハー氏は、元々クラリネット奏者でした。
コーヒーがとてもすきで、青空市場のようなところで自分が淹れたコーヒーを販売したのがスタートだったそうです。
2007年に東京に来たブライアン氏は日本の喫茶店でコーヒーを一杯ずついれゆったり時間をすごすという経験にとても影響をうけたそうです。
アメリカではそのようなドリップコーヒーとゆったりした時間というのはなかなか珍しいんですね。
そこから研究を重ね、今のブルーボトルコーヒーの形ができあがりました。
今ではアメリカ西海岸とニューヨークで16店舗、このたび初の海外進出で日本に店舗を出しました。
清澄白河はオークランドに似ているため選んだようです。
東京の中心部からは離れていますが、ここで腕を磨き、そこから都心へ進出する計画のようです。

こだわりがあるけれども手作り感のあふれるコーヒー

スタバを超えるとまでいわれているブルーボトルコーヒー。
ブライアン氏は「お客様が興奮するようなコーヒーを提供したい」とも言っています。
しばらくは混雑しており気軽に足を運ぶのは難しそうですが、近いうちにぜひ訪れてみたいですね!

この記事を書いたひと

ナツミ
ナツミ
京都のカフェや豆知識記事を書いている日常ぴよぴよ専属ライター