日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

ブロガーがkindle本を出版するっていう動き

      B!     

レールの外ってこんな景色

【レールの外ってこんな景色】出版記念パーティーというイベントに自省logを書いているツベルクリン良平さんにお誘い頂いたので参加してきました。

有名ブロガーや有名企業で働く方いっぱいでした

今回のイベントは何十人という方が来られてましたが、ぼくの顔見知りは良平さんと「太陽がまぶしかったから」の池田仮名さん、あと「ワタシはタワシブログ」のタワシさんくらいでした。

「有名なブロガーや編集者の方なんかも来ますよー」というお話を良平さんからも聞いていたのですが、あんな有名企業や、こんな有名企業の方なんかもいたりして、ゆるいひよこを描いているだけのぼくが本当にここにいてもよいものか不安になったもんです。

でも、「あ!あの、ひよこの人ですか?知ってますー!」と言ってくれる方もちょいちょいいたりして、なんだかんだ楽しくお話することができ、あっちゅーまに終了時間がやって参りました。

ブログを書いて収入を得るというかたち

今回のイベントは「すごいブロガーが集まってすごい人と交流しよう!」という趣旨ではなく、kindle本の出版イベントっていう切り口なわけですが、実はぼくもkindle出版に興味があって、「ブログSEO術!」とか「SNSの活用方法術!」とかそういうことを「~は~のため~である」ってな感じで、さも詳しい雰囲気を「である」でかもし出して書けばこの日常ぴよぴよのアドセンス収入よりあるんじゃないかなーと思ってたんですよね。

アドセンスとアソシエイト

で、ちょっと話は変わるんですが、以前から気になってたことがひとつ。

アドセンスって、記事の内容が飛躍していようと炎上しようと、PVいっぱい稼げて、間違って押しちゃった~で収入が入っちゃうじゃないですか。
間違ってクリックしたわけじゃないけど広告が気になって押したっていうのはそれはそれで、もう記事ではないところに興味がいっちゃってるわけで、それって収入があること自体は嬉しいのかも知れないけど、ブログを書く身としては複雑な気持ちになりませんかね。
必ずしも上で言ったようなユーザー遷移を辿るってわけじゃないと思うんですが、結構そんなもんだと思ってます。

まあ、前提としてPVを稼ぐためにはシェアしてくれるブログ仲間を作ったりしなきゃいかんわけで、ブログ仲間を作るには記事を読んでもらって、内容を気に入ってもらう必要もあるわけなんですがね。

なんて言えばいいんでしょうか、記事の質=アドセンス収入になってない感というか、そのようなものを感じていて、その動きは書き手もユーザーも望んでない形になっているんじゃないかってことが言いたいのです。

kindle本出版というかたち

一方、kindleでの出版は、お金を払って書籍を買ってくれた人がそれを読んで評価してくれて、口コミで広がって購入者が増えるっていう、まぁハードルは高いけど、書き手としては望ましいルートで収入を得られるんですよねー。

ちなみに、kindle出版での収益率(印税ってやつですね)は35%か70%を選んで決めるみたいで、70%を選択したけりゃ出版費用払えーいって法則になっているらしいです。


嘘です!そんな法則にはなってないみたいです!

▼以下引用

現在は著者への支払いが従来の35%プランに加え、70%のプランも選べるようになっています。ただし、70%のプランは電子書籍のデータ量あたりの「通信料」というコストが別途、収益から差し引かれる、最低販売価格は250円、Amazon独占配信にしなければならない、など条件が付きます。

引用元:http://blog.sixapart.jp/2013-03/strategy-for-KDP.html

35%とか70%ってなかなか大した利益率じゃないですかー!
出版って難しいんでしょ?って思われるかたも多いと思うのですが、WOODYというサイトで無料、簡単で出版できるんだそうですよー。

woody
https://thewoody.jp/

まあーまあーブロガーがこぞって出版!出版!って騒ごうもんなら、プロの書き手の方や、読書大好きな方が「勘弁してくれー!」ってなるとは思うんですがね、個人的に面白いと思った情報に値段をつけて提供するという機会って今まで無かったと思うので、経験としてやっといた方がいいと思うんですよねー。経験は何よりも饒舌ってやつです。

というか、ぼくが黙っててもkindleで出版しましたーってブロガーはこれからどんどん増えていくと思っているんです。
だって、ブログやってるって言うより、電子書籍を出版してるんだぜ?って言った方がかっこいいじゃないですか。

なんか、ねえ?そんなわけで、共同出版をご検討中の皆様、ぼくも数合わせに入れてくださいー!
っていうお話でした。

この記事を書いたひと

シブヤタクト
シブヤタクト
日常ぴよぴよの運営者です。
都内の会社でSEO担当しながら、イラストレーターや書道家やったりサイトを作ったりしてます。
Twitter:@pochimin02
ぴよたそという無料イラスト素材サイトも運営してます。