日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

雨が楽しみになる!?傘特集!

      B!     

5日に気象庁が、関東地方でも梅雨入りしたと発表しました。
平年より3日、去年よりも5日早い梅雨入りです。
なんでも、今年はエルニーニョの関係で梅雨がいつもより長いのだそうです。
考えただけでじめじめ暗くなってきそうです。
そんな梅雨を少しでも楽しく乗り切るために、傘に気を使ってみるってどうですか?
最近では素敵なデザインの傘や、おもしろ傘がいろいろありますので少しご紹介しますね。

空気力学をもちいた傘

0246_su3

なんだか不思議なデザインの傘ですが、なんと、空気力学を用いて風をいなす傘なんです。
SENZ-Umbrellasというオランダの会社の傘です。
うしろに伸びているところで空気の流れを変える…のかなんなのか、詳しいことはわからないですが、その効果はてきめんで、100km/hの風がふいても裏返らないとか。ということは絶対に裏返らないってことですね。
売り始めてから9日で1万本も売り上げた恐るべき傘なんです!

江戸風 傘

MD2726f1

こちらは江戸風の傘です。
和をイメージさせる色と、うっすらとはいった和柄がかなりいかしてます。
骨は24本もついており、そこも和傘っぽいですよね。
もちろん風にも強いです。
もう一つ特徴的なのは、なんといっても軽いということ!
骨には軽量グラスファイバー、中棒にはアルミシャフトが使われているということです。
オシャレで丈夫で軽い傘なので、雨のお出かけも苦にならなそうです。

骨がうずまき状の傘

a0028694_21573211

この傘はなんと骨がうずまき状!見た目がとってもキュートです。
神奈川県平塚市の「稲光産業」が開発した傘なのですが、この傘をつくろうと思ったきっかけが「かわいいから」というのだから驚きです。
実際骨をうずまき状にするにはかなりの技術がいるそうで、作るのに時間もかかるらしいです。
でもたしかに持っていたらうきうきしちゃう傘ですよね。

問い合わせ 稲光産業(有)
住所 神奈川県平塚市3−21−7
価格 未定
発売日 未定

逆転の発想の傘

phot08

なんか違和感がある不思議なフォルム…これが逆転の発想の傘です!
h conceptという会社の傘なのですが、これ、閉じたときに濡れている面がうちがわに入るようになるんです。
使い方は普通の傘と同じで、取っ手をもって上にむけて開き、真ん中の金具をおろして閉じます。
ただ、そのときの傘が開く方向が普通の傘とは逆なんですね。
41DINesceuL濡れている面が内側に来るため、満員電車やお店の中で、周りの人やものを濡らす心配がありません。
また、傘立てがなくても自立してくれるところもうれしいですね。

このように、いろいろな技術や発想がつまったおもしろい傘がいろいろあります!
ぜひお気に入りをみつけて、梅雨をのりきっていきましょうね!

この記事を書いたひと

ナツミ
ナツミ
京都のカフェや豆知識記事を書いている日常ぴよぴよ専属ライター