日常ぴよぴよ

ひよこのてきとーブログ

アダルトの内容を含む記事を書いても順位が下がるわけではない

      B!     

最近、ブロガーの方と話す機会が増えて、SEOに関する質問をよく頂きます。
その中でも多いのが「記事内容に下ネタやアダルトな内容を含む記事を書いたら自分のサイト全体の検索順位が下がるの?」といった質問でございます。
結論から申しますと、アダルト内容の記事であっても順位に影響はないはずです。

しかし、中には「実際下ネタの記事書いたらサイト全体の順位下がったのよー」という声もありました。
なんで順位下がったんだろうか?そのあたりについて書きたいと思いまスルメ。

アダルト内容の記事でも順位に影響がない理由

アダルティーな内容がなんで影響がないかと申しますと、アダルトな内容が混じった文章が検索ユーザーの意図・欲求を満たしている可能性があるからです。
例えば、医療系の内容を書いた場合や、今のぼくのように直接「アダルト」に関係しなくてもそれに近い単語を用いる必要のある記事はあるものです。

以下リンクでは、”アダルトサイトだからといって、それだけの理由でスパムとみなすことはない。”と書かれております。

■共有サーバーであってもアダルトサイトであってもGoogle検索に悪影響を与えることはない
http://www.suzukikenichi.com/blog/neither-shared-servers-or-adult-sites-are-not-bad-to-google-rankings/

順位のことについて書いているわけではありませんが、スパムとみなしてないということは、記事にその内容が書かれていても順位に影響しないということではないでしょうか。

ちなみに、アドセンスには影響がありますね。
アドセンスは「広告」ですから、エロい内容の記事から商品に与える「イメージ」が悪くなったりしないために消されてしまうのでしょう。

順位が下がった人はどう説明するのか

さて、それではなぜ「順位が下がったよー」と言っている方がいるのかですが、まずは順位が下がった方の条件からご説明しましょう。

下ネタ記事でバズった

その方は、下ネタ記事を書いたところ、バズりにバズったそうです。
その結果、広告が外されるなんていう結果になってしまって、これはまずいぞということで下ネタ部分を極限に削ったところ広告は回復してくれたそうです。
しかし、そのバズから数日後、サイト全体の順位がガタンと落ちたそうです。

バズると大量にリンクを貼られる

大量にアクセスがあった場合、そのページやサイトにリンクが貼られることが考えられます。
そのリンクが影響して順位が下がったのではないかとぼくは考えます。

え?リンクって集まれば順位が上がるんじゃないの?という方も多いかと思います。
単純に話してしまえば「リンクが多い方が有利」ではあるのですが、「リンク」全てが正しいわけではなく、様々な基準で「リンクの質」をみるのです。
上で貼ったリンク先に”自然なリンクやソーシャルでの共有の獲得が難しいジャンルです”とありますが、「自然なリンク」が集まらない場合、ペナルティの対象になったり、返って順位が下がる可能性があります。

■参考ツイート

まとめると

つまり、下ネタ記事を書いてバズったその方は、バズった結果低品質なリンクが集まってしまって順位が落ちたのでは?と考えました。
これまでバズって順位が落ちたってサイトを聞いたことがあるかと聞かれれば、正直聞いたことがないのですが(笑)バズではなく、単に質の低いリンクが集まって順位が上がらないサイトなら見たことあります。

そういう質の低いリンクが集まってしまった場合はリンク否認をするようにしましょう。

■リンク否認ツールの使い方・注意点・使用事例などまとめ
http://www.seohacks.net/blog/penalty/disavow_matome/
(リンク先あんまり読んでない)

つまり

アドセンスが消えない感じであれば書いても大丈夫ですよってことです。
心配いりませんにょろにょろ。
(なんかこの記事の広告が表示されてないのですがw)

この記事を書いたひと

シブヤタクト
シブヤタクト
日常ぴよぴよの運営者です。
都内の会社でSEO担当しながら、イラストレーターや書道家やったりサイトを作ったりしてます。
Twitter:@pochimin02
ぴよたそという無料イラスト素材サイトも運営してます。